照光寺タイトル画像

寺標

真言宗智山派。本尊は金剛界大日如来。寺格は常法談林所。

開創は不詳であるが、「延喜式」初見の岡屋牧にゆかりの古寺院ありとされる古刹である。秘仏薬師如来像には白鳳3年(西暦675) の銘がある。山寺地籍には鳴沢から引水した鎌倉時代と判定される遺構等が発見されている。

応永2年(1395年)下社神宮寺宝珠院の憲明法印が中興。文明年間(1469-86)に今井四郎兼平の末孫今井兵部兼貫が堂宇を再建した。享徳元年(1425)紀州金剛峯寺末寺となり、諏訪下社の別当寺である神宮寺一等末寺であった。

本堂

明暦2年(1656)頃、山寺から現在地に移る。明和3年(1766)から二度消失し、現在の本堂は第18世法印清源が寛政5年(1793)に建立。
明治の廃仏毀釈で神宮寺が廃寺となったため、千手観音・仁王像などが照光寺に移された。明治6年(1873)4月、境内 に岡谷小学校の前身である岡谷学校が設置された。明治44年、大覚寺直末より現在の智積院に転派する。
第27世宥三大僧正を当山では寺山復興の祖と仰ぎ、在世中に頌徳碑が建立された。第28世宥勝大僧正は真言宗智山派管長・総本山智積院化主第68世に就任。平成3年光明閣落成。平成18年「平成の大改修」により諸堂宇・境内・庭園・寺山墓地参道等が一新した。

札所と御朱印

本尊大日如来

本尊大日如来 御朱印

●伊那諏訪八十八霊場札所(十七番)本尊大日如来

千手観音

千手観音 御朱印

●伊那諏訪八十八霊場札所(十九番)下社神宮寺・千手観音【照光寺内】

●諏訪霊場百番札所(西二十四番)下社神宮寺千手堂・千手観音【照光寺内】

●諏訪三十三観音霊場札所(三十一番)薬師堂・千手観音

薬師瑠璃光如来

薬師瑠璃光如来 御朱印

●諏訪霊場百番札所(西十一番)薬師堂・薬師如来【照光寺内】

●中部四十九薬師霊場札所(十一番)薬師堂・薬師如来

※各種御朱印承っております。お気軽に事務所までお問い合わせください。

照光寺の歴史

西 暦 和 歴 当山関係事項
2013 平成25 三宝閣竣工。
2011 平成23 第二十八世宥勝示寂。
2010 平成22 第三十五回広島長崎原爆写真展を開催。
2009 平成21 光明閣受付新築。
2009 平成21 11月、光明閣境内の受付・回廊落成。 本坊裏手に名勝庭園「廬山庭」をつくる。
宥明、六道輪廻図を光明閣に奉安。
2008 平成20 照光寺夏期講座第四十回を迎える。
2007 平成19 平成の大改修落慶法要厳修。 宥勝、真言宗智山派管長2期8年を全うし退任。
秘仏千手観音菩薩特別御開帳。 蚕霊供養塔近代化産業遺産に認定。
2006 平成18 3月、龍象の水屋建立。 本坊、厠所を再建し、新たに学問所・奥書院を付設。
2005 平成17 平成大改修事業開始。 脇本尊大日如来が県宝に指定。
住職普山十周年記念「仏伝図・六道輪廻図」開眼法要厳修。
宥明、六道輪廻図を光明閣に奉安。
2004 平成16 奥書院用地取得・造成。
2003 平成15 本堂が市文化財に指定。 雨峯墓地駐車場新設。
2002 平成14 光明閣改装・EV設置。 寺山墓地駐車場新設。
2000 平成12 照光寺萌黄寮新設。 大乗院境内整備完成。 八尊仏石像建立。
1999 平成11 宥勝、智山派管長に就任。
1998 平成10 大乗院再建、落慶。
1997 平成9 照光寺会館取得、設立。
1996 平成8 宥勝長老、勲四等瑞宝章。
1995 平成7 第二十九世宥洪普山。 興教大師生誕九百年法要。
1994 平成6 平岡稲荷社改築。 蚕霊供養塔屋根修理。
1993 平成5 宥勝法印、集議席列座、大僧正拝命。
1992 平成4 照光寺研修道場設立。 東駐車場整備。
1991 平成3 照光寺光明閣完成。 照光寺沿革碑建立。
1989 平成元 照光寺東之坊設立。 東駐車場取得、整備。
1985 昭和60 『照光寺誌』刊行。
1984 昭和59 弘法大師一千百五十年御遠忌記念法要厳修。 修行大師像建立。
1983 昭和58 蚕霊塔建立五十周年。 万治の石仏に屋根設置。
1982 昭和57 宥洪、副住職就任。 築地堀新設。
1981 昭和56 県道拡幅、駐車場新設。
1979 昭和54 裏大門通用門完成。
1977 昭和52 本堂脇の瑜祗門完成。
1974 昭和49 照光寺だより「アーローカ」創刊。
1973 昭和48 第二十七世宥三示寂。
1970 昭和45 宥三、住職50年で護法功労賞を受ける。 宥三、大僧正拝命。
12月、照光寺貴賓館完成。 雨峯墓地増設。
1967 昭和42 第二十八世宥勝普山。
1965 昭和40 法印宥三、智積院集議席。
1963 昭和38 庫裏改築。 12月、客殿、表玄関、調理室など新築完成。
1956 昭和31 位牌堂六角堂増築。
1951 昭和26 洪鐘完成。 位牌堂新築。
1949 昭和24 貞明皇后、蚕供養塔御参拝。 本堂屋根改修、向拝増築。
1942 昭和17 戦時、梵鐘法具類を供出。
1940 昭和15 興教大師石像建立。
1937 昭和12 砥川石で寺標建立。
1935 昭和10 第一回蚕糸祭蚕霊塔大祭。(4月29日、以降毎年開催)—昭和11年の年号、西暦修正
1934 昭和9 3月21日、宗祖弘法大師一千百年遠忌記念大法要厳修。
11月15日、蚕霊塔落慶入仏供養式。
1932 昭和7 表大門石垣、石階、石崖、敷石等の大改修。
1925 大正14 雨峯墓地設定。
1923 大正12 第二十六世宥三普山。 第二十五世宥詠示寂。
1921 大正10 当寺で群内各宗合同聖徳、太子一千三百年遠忌大法要厳修。
1918 大正7 4月、鬼子母神堂(間口10尺奥行9尺)建立。
5月、宝蔵(間口6間奥行4間)建立。
1912 明治45 釈宗演来寺、第1回岡谷敬老会開催。
1911 明治44 大覚寺直末より智積院に転派。寺格、常法談林所。
1910 明治43 鎮守平岡稲荷社改築。
1903 明治36 位牌堂、渡廊下建立。三山社不動堂(木造平屋建、柿葺、向拝、20坪5合)建立。
1895 明治31 第二十五世宥朝示寂。
1892 明治28 第二十四世憲海示寂。
1885 明治18 3月3日、照光寺に平野川岸両村連合戸長役場を開設。明治22年まで4ヶ年継続。
1873 明治6 4月、照光寺に岡谷学校設置、明治10年8月には玄関、庫裏に至るまで残らず解放して教室とする。
1871 明治4 第二十五世宥朝普山。
1868 明治元 8月21日、神宮寺本尊胎蔵界大日如来その他を請来、入仏供養。
1858 安政5 厨子入、鬼子母神像像立。施主、尾沢辰之助。
1857 安政4 本尊脇士の不動明王・愛染明王造立。施主、林善左衛門。
1846 弘化3 三門建立、棟梁は立川和四郎富昌。扁額「城向山」は憲意僧正道雅の揮毫。
1826 文政9 8月、法印憲住、薬師堂再建。
1793 寛政5 2月8日、本堂庫裏落慶法要。棟梁は伊藤(柴宮)長左衛門矩重。
1788 天明8 5月14日、岡谷村大火、この日照光寺全焼。
1768 明和5 9月、照光寺再建着工。このときの棟梁は伊藤半蔵で客殿は梁間6間、桁間8間半、後堂9尺に3間、合計建坪54坪半、本堂の大きさは不明。
1766 明和3 3月28日、寺出火、類焼45軒、他に新屋敷5軒を消失。
1715 正徳5 5月、入仏開眼供養落成。二の丸諏訪頼堯公来寺、狩野周信筆「雀翔竹枝図」他4幅施入。
1713 正徳3 5月、照光寺本尊金剛界大日如来造立。施主総檀中。
1711 正徳1 8月、境内薬師堂(三間四面)再建。
1702 元禄15 5月4日、岡谷村大火、照光寺類焼。
1665 寛文5 最初の宗門改、照光寺は宗門帳に崑崙人像の「糸印」を用いたことが知られる。
1639 寛永16 このころまでに山寺より寺山現在地に移る。
1571 元亀2 5月、武田信玄、信濃諏訪神宮寺井之坊(照光寺住侶と法縁関係にある院坊)に諸役を免除し、千手堂建立に着手させる。
1569 永禄12 12月、第二世法印俊豊、橋原薬師堂を照光寺鬼門除として建立し、薬師如来、薬師十二神像を安置(いずれも現存)。
1482 文明14 諏訪湖大氾濫。安国寺(曽根岸寺とも)の仁王尊、下諏訪四王に漂着(仁王尊は照光寺に現存)。
1452 享徳1 照光寺、紀州高野山金剛峯寺末寺となる。
1395 応永2 神宮寺宝珠院憲明法印、照光寺を再興、薬師仏を安置する。
1264 文永年中 鎌倉幕府の【吾妻鏡】に、岡屋が中央の牧監の手を離れて、下社の私荘となった由来が記録されている。
1072 延久5 1月7日、下社神宮寺中興第一世尊示寂。
947 元暦年中 【諏訪郡御名改帳】に岡屋181町8反230歩の田数を記録する。
905 延喜5 【延喜式】神名帳に諏訪上下宮がみえ、信濃19牧のうちに岡屋牧をあげる。
814 弘仁5 【新撰姓氏録】に「岡屋公林氏は百済国比流王の末裔なり」とある。
674 白鳳3 照光寺秘仏薬師如来造立(銘)。

照光寺について

照光寺の概要